.  .




2013年04月19日

着圧ソックスの医療用

着圧ソックスは、オフィスワークの女性や立ち仕事の多い女性に人気のあるソックスです。
そして、なんとなく着圧ソックスというと、足が細く綺麗になるというイメージもあるのではないでしょうか。
着圧ソックスというのは、履くことで足に圧力がかかり、血流をよくし、足のポンプ効果が高まります。
着圧ソックスを履く人に多いむくみというのは、長時間座りっぱなしなどで血流が悪くなることで起こります。
そして実は、着圧ソックスというのは、本来は医療用として下肢静脈瘤や深部静脈血栓の予防に使われていたんですね。
医療用の着圧ソックスの中には、血液循環だけでなく、筋肉への栄養補給や老廃物除去の効率を高めてくれるソックスもあるようです。

着圧ソックスは、足に圧力をかけるため、医療用でなくても、注意点がいくつかあります。
着圧ソックスの上部がずれ落ちてしまい、一部分にだけ圧力が高くなってうっ血状態になることがあります。
動脈に障害があったり、末梢血管に障害がある場合などは着圧ソックスを履くと危険なことになる場合があります。
現在では医療用だけでなく、インターネットの通信販売などで家庭用着圧ソックスが多く販売されています。
オフィスでも着圧ソックスを履いて、家でも履いてしまうと、逆に足が痛くなってしまいそうですよね。
また、妊娠中の足のむくみ対策として着圧ソックスを履く人も多くいますが、必ず医師に相談してから履くようにしましょう。
着圧ソックスは、医療用でも家庭用でも一日中履き続けるよりも、履かない時間を作り、足の休息タイムを作ってあげることも必要です。
医療用、家庭用に関わらず、足のむくみ対策には着圧ソックスを履くだけでなく、適度な運動を一緒に行うようにしましょう。






【座間】【海老名】の探偵・調査
posted by tanuki at 07:19| 着圧ソックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。